チケットセディナ

■コンサート『紅-ing』紅ゆずるさん《インタビュー》

2019年10月に宝塚歌劇団を退団された、元星組男役トップスターの紅ゆずるさんに、退団後2ヶ月あまり経過した現在の心境と、『紅-ing』に向けた意気込みを、率直にそして真摯に、時にユーモアを交えながら語っていただきました。

2019年10月に退団されて、次々とコンサートなどが決まってきていますが、 今の心境はいかがでしょうか?

 

紅ゆずるインタビュー01

宝塚を卒業して本当にすぐに動いたので、みなさんには〝卒業後のこと考えてたんじゃない?〟というように思われてしまうのですが、宝塚歌劇が自分にとって全てでしたので、在団中にはその次のことが全く想像できませんでした。何か目標や具体的なものがあれば、もう少し慎重に動いていたと思うんです。

じゃあ活動がどうして早かったかというと、時間が空けば空くほど、燃え尽き症候群になってしまうのではないか、という不安な気持ちがすごくあったんですね。私は宝塚男役をやりきった気持ちでいましたから。

でも、自分が得てきたものを活かしていくっていう面においては、このコンサートのお話をいただいた時に、宝塚を退団した紅ゆずるではあるけれども、男役としての表現ではなく、〝紅ゆずる〟という自分自身のフィルターを通してみなさまが楽しんでいただけるのであれば、という気持ちが出てきました。

今まで公演が終わっても、達成感を感じる間もなく次の作品次の作品と突き進んでいたので、その作品を思い返して〝なんかあの時はこうだったな〜〟なんて時間は全くなくて。というくらい〝その時〟のことしか考えてないという生活を送ってきているので、あまりに時間が空いてしまうと、宝塚を振り返るぞ〜みたいに身構えてしまう。

ということから、退団後すぐにこのコンサートをさせていただこうと思いました。男役の紅ゆずるを応援してくださっていたみなさまにとっては、かなり新しい状況ではあると思うんですが、先輩方も同じ道を通って来られて、やはり男役が一番最初に直面することって〝スカート問題〟だと思うんですね。女性になるとは?みたいな・・・。女性でありながら男役を極めていくこととは、一般的な女性では考えられない程男性を研究すること、それがタカラジェンヌなんですよね。

すごく特別な世界ですが、それを愛してくださっていたみなさまなので、退団した後に〝スカートを穿くわ、今までの男役は過去の事!〟という表現になってしまうと、ファンの方の心が置いてけぼりになってしまう。そうではなくて、今まで培ってきた男役あってこその自分だと思うので、培ってきたものプラス、少しだけ背伸びしてちょっと新しいことに挑戦してみようかなと。お客様が楽しんでいただくためには自分の理想ばかりではなく、やはり紅ゆずると共に歩んできてくださったファンの方を大切にこのコンサートを作っていきたいと考えています。

コンサートについて、具体的にやりたいことなどはございますか?

 

紅ゆずるインタビュー02

退団されてすぐの上級生のコンサートなどに行った時に感じたことは、やはり現役時代の歌を歌ってくださった時はとても感動しました。

その時代の心を忘れてないんだ!と。そこが現役とは全然違うところだと思うんです。

土俵が違う場所であっても宝塚時代の歌を歌い紡ぐことはとても大切なことだと思うので、そこはお客様にも楽しんでいただけるところだと思いますし、新しいファンの方には、こういう紅ゆずるがあって、今があるんだなと感じでいただけたら嬉しいです。

過去の私を知らない方には過去を辿っていただくことにもなりますし、私自身だけでなく宝塚歌劇を知っていただく機会にもなり、またファンの方には懐かしく思っていただきたいので、宝塚時代の歌も歌っていたい、という想いと、今までは〝男役紅ゆずる〟が演じ歌いますという感じでしたが、今回は、〝紅ゆずるという一人の演者〟が歌う、ということに挑戦していきたいと考えています。

 

 

 

今回歌広場さんが参加されますが、紅さんからのオファーですか?

 

そうです。なぜかと申しますと、歌広場さんは宝塚歌劇をとても愛してくださっている方であり、すごく私のファンだとおっしゃってくださっているので、ファンの方が今聞いてみたい事や興味を持ってくださっている事などをファンの方代表という形で表現してくださるのではないかと思いました。

歌広場さん自身がとても楽しく、サービス精神がおありなので、お力添えいただけるのではないかと思ったので、オファーさせていただきました。

私はファンの方との交流をとても大切にしていたので、ファンの方との直接的な交流がなくなってしまった今、質問などをいただくことも、直接お答えできる場面がないという時に、私の思いとファンの方との思いを繋いでくださる方は歌広場さんしかいない!と思いました。なので、ぜひにとお願いさせていただきました。

 

天寿さんがまだ在団中ですが、紅5は復活でしょうか?

 

あ、全然解散もしてないので(笑)。もうずっとやっていくつもりです(笑)。ですからこの機会にまた集まりたいと。でも持ち歌が2曲と少ないんですよね(笑)。あの2曲で今までよく引っ張ってきたなと思うのですが(笑)、エンターテインメントということで、みなさんに楽しんでいただけたらなという想いから、紅5をここに持ってきました。

そして何よりも宝塚人生の苦楽を共に過ごした仲間たちで、全員星組配属から始まったメンバーです。そして今はそれぞれが違う世界で頑張っています。ですが、つい最近も天寿も含めて全員で旅行に行きました!全員が揃ったのが夜の11時。ちゃんと揃ってご飯を食べたのは朝ごはんだけっていうくらい、各々忙しい中でも、メンバー全員が5人で集まりたい!と思える大切な仲間なんです。

 

今回、紅子さんは登場されますでしょうか?

 

紅ゆずるインタビュー03

秘密です(笑)。ただ、紅子はどういう場面であっても彼女のキャラクターは永遠に変わりません。むしろどんどん強烈になっていて、私にも手に負えないというところにまできています(笑)。

私自身の目指すところは個性派でした。というのも私の同期がとても優秀だったんです。しかし劇団に入ってみれば、それを上回る素晴らしい方々が沢山おられる状況の中で、正統派という路線に自分が入ったとしても、このままでは絶対に勝ち残れないと思いました。そんな時に、自分にしかできない、唯一無二の表現方法はないかと、新人公演の主演が終わった頃から思い始めたんですね。

最終的には異端児と、呼んでいただけるようになりましたが、私にとっては勲章なんです。お客様の脳裏に焼きつくというか、なんだかあの人を観てしまう、気になる、紅ゆずる気になるぞ、というところに持っていけたらなと思ったんです。で。あの人って紅ゆずるとは予測不能な何をしでかすかわかんない、次の役はどう演じるのかと思っていただけるようになりたいと。

いい意味でお客様の予測を全部裏切っていけたら・・・と思ったんです。そんな自分の個性を最大限に生かせるものは何なのか・・・と思っていた時に、柚希さんのコンサートで紅子という役を仰せつかりました。最初はどうしたらいいかわからなくて。藤井先生の台本は客席案内係の「ビデオ、カメラ、テープレコーダーは…」といういつもの決まり文句のみで、それ以外は(アドリブ)と書かれていました(笑)。

実際は柚希さんとの掛け合いから始まり、柚希さんが黙りこんでしまうというキャラクター設定だったので、こちら側がツッコむしかないと、柚希さん扮するちえこちゃんに紅子がすごいツッコミを始めたんです。すると柚希さんファンの方々が紅子をいじり始めたんですよ。

最初は柚希さんにもファンの方を敵に回してしまったんじゃないかとすごく心配されましたが、逆を返すとそれって、すごくいいパフォーマンスができる場で、客席全員を巻き込める最大のチャンスだと思いました。とても素敵なチャンスをいただけたと思いました。そしてファンのみなさまのお力もお借りて、どんどんキャラクターが濃くなっていったんです(笑)。

実は紅子というキャラクターは、キレイ系のお姉さんの役でいきたかったんです。でも、お客様によってどんどん変化していき、いつもお客様と共にいろんなことを作っていったという想いがあったので、結果行き着く先は規格外だったかもしれないんですけど、私はそれで良かったと思っています。また、紅にしかできないよと劇団の先生方に仰っていただけたことも本当に嬉しく思いましたし、この方向性でいくと決めた私自身を応援してくださった劇団に感謝しています。

 

紅-ingでひとつだけネタをお聞かせいただくことはできますか?

 

紅ゆずるインタビュー04差し替え

1場面ずつ観ていただくっていうよりは、全体的な流れとして観ていただくようなものにしていきたいなという想いがありますね。

「紅-ing!!」というタイトル通り、新しい紅ゆずるを観せるというよりは、男役紅ゆずるがあって今がある、という変化の狭間の、今の紅ゆずるをそのままお見せできたらと思っています。

ファンのみなさまとに寄り添っていただくためには、これからも私自身がファンの方に寄り添っていきたいなと思ってます。

紅5はもちろん登場し、紅子さんももしかすると…?かもしれませんし、歌広場さんとのトークは間違いなく楽しいものになりそうですし、もう期待しかない「紅-ing!!」。

お見逃しなきよう、みなさま、ぜひ足をお運びください!



PROFILE/紅 ゆずる(くれない ゆずる)
8月17日生まれ。大阪府出身。
2000年 宝塚音楽学校入学。
2002年 宝塚歌劇団に第88期生として入団・初舞台。星組に配属。
2016年 星組トップスターに就任
2019年 『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant(エクレールブリアン)』東京宝塚劇場千穐楽をもって退団