チケットセディナ

■『エリザベート』制作発表記者会見レポート

2000年の東宝版初演からついに20周年を迎えるミュージカルエリザベートの制作発表が、2019年11月12日(火)に都内にて行われました。2020年版のキャスト、エリザベート役の花總まり、愛希れいか、トート役の井上芳雄、山崎育三郎、古川雄大ほかが登壇し、意気込みを語りました。

登壇者挨拶

 

エリザベート_制作発表池田篤郎

池田篤郎(東宝取締役演劇担当)
「エリザベート」は1992年にウィーンで誕生いたしました。一大センセーションを起こし、96年には宝塚歌劇団で日本初演を迎えます。これまでに観たこともない世界感の作品の評判は瞬く間に日本全国に広まり、2000年には宝塚歌劇団の協力を得て東宝版の新バージョンの「エリザベート」の誕生に繋がってまいります。皆様の心に長らく刻み付けられる作品となり来年、東宝版「エリザベート」の20周年を迎える運びとなりました。これまでに素晴らしいキャストの皆様に演じてきていただきました。新しいトート役に山崎育三郎さんが登場なさいます。また、ルキーニ役には上山竜治さん、黒羽麻璃央さんが新しく加わってくださいます。こちらも大いに楽しみにしてくださればと思います。

 

エリザベート_制作発表小池修一郎

小池修一郎(訳詞・演出家)
オープニングムービーを見て、歴代トートとエリザベートが見事に歌い継がれる姿にいろいろなことを思い出しました。初演を思い浮かべますと、こんな日が来るとは誰一人思えないような大変な状況でした。それを乗り越えて、いろんな方がバトンをつないでここに至ったことに感無量と言いますか、よくぞここまでと思いました。歴代出てくださった皆さん、スタッフの皆さん、そして20年の間に次々と新たなお客様がいらっしゃって、お客様のバトンも繋がれているのかなと思います。ムービーで歴代キャストの数名が出てきましたが、今日いらしてくださったオーディエンスの方々の中に全部観たという方いますか?…おー、居ますね!凄いですね!この制作発表の一般公募の競争率は50倍と聞いています。約1万人の応募があったということで、(ここにいる方は)何かの運に恵まれていらっしゃいますから、これからも死ぬまでエリザベートを観続けてください(笑)お客様も含めて本当に多くの方たちが育んでくださって、出演者たちも本当に頑張ってここまできて、それだけ演じる側もお客様もそれぞれの方たちが愛し続ける作品だったんだと改めて思いました。宝塚の初演の時に日本でうけないよねって話していて、再演を重ねてここまで続くとは誰も思っていなかったと思います。最後にはお客様の力なのかなと、観たいという方がいたから続いて、そんな作品に私は出会えたのでラッキーだったと思います。20周年のスタートを、新たな人たちと、それまでにやっていた人たちが一緒になって次のエリザベートを作れたらと思いますので、見届けていただければと思います。

 

エリザベート_制作発表花總まり

花總まり(エリザベート役)
20周年という節目の時に、こうしてまたエリザベートを演じる機会をいただけたことに感謝の気持ちでいっぱいでございます。私といたしましても、これが最後のつもりで誠心誠意込めて一生懸命務めてまいりたいと思っております。

エリザベート_制作発表愛希れいか

愛希れいか(エリザベート役)
今年の6月から3ヶ月間、帝国劇場で『エリザベート』をやらせていただき本当に幸せな気持ちと、まだまだだな、もっと追求したいなという思いで千秋楽を迎えました。また東宝版20周年という時にエリザベートを演じさせていただけることを本当に光栄に思います。精一杯務めてまいりたいと思っております。

 

エリザベート_制作発表井上芳雄

井上芳雄(トート役)
僕は20年前の東宝版初演の1年程前に小池先生に見つけていただき、そして初舞台を踏ませていただいて今があります。本当に大切な作品に今年も来年も関われることをとても嬉しく思います。たくさんの魅力がある、やればやるほど途方もない、先が見えなくなるすごい作品だと思っていますが、来年も全国各地の皆さんにこの作品を観ていただけることを嬉しく思います。

 

エリザベート_制作発表山崎育三郎

山崎育三郎(トート役)
来年トート役をやらせていただきます。今日初めて「トート役を」と言ったのでまだ自分の中で違和感がありますが、ご存知の通りルキーニとして4年間立たせていただきました。ルキーニという役に出会ったことで、僕の役者としての新しい扉が開いたなと思っていますし感謝しています。そんな中20周年という節目にトートとして立てることを嬉しく思います。僕はルキーニとしてずっと舞台に立ってきて、お客様よりもキャストよりも一番近くでトートを見てきたので、ルキーニを演じた自分だからこそできるトートというのがあるんじゃないかと考えております。

 

エリザベート_制作発表古川雄大

古川雄大(トート役)
2019年公演でミュージカルをやっていく上でずっと目標にしてきたトートを演じて毎日幸せだったんですけども、それと同時にトートという役を掴むために悩んだ大変な日々もありました。改めて演じることの難しさを痛感しました。再びチャンスをいただけたということで、前回以上にトートに近づけるように、そして自身の成長に繋がる期間にしたいと思っています。精進して頑張りたいと思います。

 

<質疑応答>

(山崎育三郎さんへ)先ほどもルキーニを演じたからこそ出来るトートがあるとおっしゃっていましたが、もう少し具体的に現時点で考えているトート像をお教えください。

 

山崎育三郎
具体的なことは稽古が始まってからになると思いますが。ルキーニとトートの関係性はすごく大事だと思ってルキーニを演じてきたので、ルキーニ役とディスカッションして作っていきたいと思っています。

 

エリザベート_制作発表山崎育三郎2

 

演じる側にとっての「エリザベート」の魅力は何だと思いますか?

 

花總まり
まず音楽の素晴らしさは言うまでもないですね。エリザベートはもちろん、エリザベートと同じ時代に生きた人々の人生が3時間の中でものすごく濃く、どの役に注目しても人生を感じられる。その中から私たちが自分の人生に重ね合わせていろんなことが感じられる、そんな奥の深いミュージカルだと思います。

 

エリザベート_制作発表花總まり2

愛希れいか
女性から見て、現代に生きる私たちにもすごくメッセージがあると思います。あの時代に自分の意思を貫くというのはなかなか難しいことだと思うんですが、女性は特に、そういう点でメッセージを感じるのは魅力だな、と思います。

 

エリザベート_制作発表愛希れいか2

井上芳雄
やる度にびっくりするんですが、本当に熱狂のミュージカルだと思います。お客様も熱狂的だし、作品も燃えているものがあると思います。いつも思うのは、この熱狂っていうのは自分の手柄ではないということを言い聞かせないと、勘違いして「皆が俺に熱狂している」って思いかねなくて…、トートってそういう所があるんですよ(笑)。でもそうじゃなくて、初演の時に一路真輝さんも「この作品は本当に特別だから、他の作品に行ったときに同じだと思ったらダメだよ」とおっしゃっていたんです。熱狂的ですごく嬉しいんですけど、その瞬間に生まれて消えるものなので、その熱狂の熱に溺れないように、それぐらいパワーを持っている作品だと思います。

 

エリザベート_制作発表井上芳雄2

山崎育三郎
役者の立場から考えると、とにかく歌いたい楽曲が多いですね。どの役でも「夜のボート」、「最後のダンス」、「闇が広がる」、「私だけに」…、一応「キッチュ」も入れておきます(笑)。ミュージカル俳優たちが歌いたい!と思う曲が多い作品はヒットするんじゃないかなと思っています。楽曲の魅力の力ですね。

古川雄大
僕は「僕はこうだ!」って主張するタイプの人間ではないので、エリザベートの強い生き方や主張に憧れる部分もありますし、魅力の一つだと思います。その生き方が周りの人間を動かしていって、ハプスブルクという時代まで動かして、さらに死という超越したものまで動かしていくというエレルギーが魅力だと思います。

 

エリザベート_制作発表古川雄大2

 

「エリザベート」という作品を漢字一文字で表すと何になりますか?

 

井上芳雄
(挙手をして)はい、「愛」だと思います。言ったもん勝ちかなって(笑)

古川雄大
僕も「愛」で(笑)

花總まり
エリザベート的には「生」です。どんなことがあっても生きていく!ですね。

山崎育三郎
「熱」で。お客様の熱狂でね。

愛希れいか
えっと…「欲」。人間の欲な部分が人間らしくてよいかと…思う(笑)

 

エリザベート_制作発表井上古川

『エリザベート』は自分にとってはどんな作品でしょうか?

 

花總まり
自分の人生を変える程のとても大切な節目となった作品です。初演の時はまだ22歳でした。その時初めて演じさせていただいた役を、今こうしてまだ演じる機会をいただけることを奇跡だと思いますし、私にとってはなくてはならない作品であり、役になっております。

愛希れいか
ずっと憧れだったので、演じさせていただく今でもまだ夢なんじゃないかと思う瞬間もありました。なかなか乗り越えられない壁というか、登れたと思ったらまたさらに高い壁が待っているという感じです。憧れの作品で、役ですね。

井上芳雄
奇跡のようなバランスで生まれたミュージカル、何十年に一本というくらいの素敵な作品だと思います。作品が素晴らしいことは保証されているので、その分僕たちもいろんなチャレンジができるんです。僕自身もそのチャレンジの一環で生まれたものだと思っています。育三郎くんが今度トートをやることや、お客様が増えることとか、そんな奇跡の力をもっているからこそ、沢山の人にチャンスを与え続けている、全部ひっくるめて奇跡な作品だと思います。

山崎育三郎
毎回ルキーニとして舞台に立つときは自分のセリフから始まるんですけど、何公演やっても緊張する舞台は初めてでした。やればやるほど魅力で、そして難しさも感じています。ゴールが見えない…ずっと試されているような、自分を試していく場所です。

古川雄大
僕が今まで出演してきた作品の中で、特に重厚感のある作品です。挑むにあたってとても大変な作品だと思っています。ルドルフとして初めて出演した東宝ミュージカルで、次で5回目の出演になりますが、共に20代を歩いて成長できた作品なのかなと思います。

 

最後に花總まりさんからひと言お願いします。

 

エリザベート_制作発表全員

 

花總まり
東宝初演から20周年、4大都市連続公演ということで出演者一同一丸となって頑張ってまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。