チケットセディナ

演劇・ミュージカル(西日本)

  • 受付終了

[大阪]
プレミア音楽朗読劇
『VOICARION XVI 大阪声歌舞伎 ~拾弐人目の服部半蔵~』

公演情報
★受付終了いたしました。
日時

12/3(土)18:30、4(日)11:00/15:30

会場

新歌舞伎座

出演

服部半蔵:山口勝平
松平定敬:高木 渉
桂小五郎:諏訪部順一
高杉晋作:立木文彦
岡田以蔵:朴 璐美
沖田総司:緒方恵美
仏生寺弥助:梶 裕貴

席種・料金

S席 13,000円

備考

※未就学児入場不可。

公演詳細

続きを読む

原作・脚本・演出:藤沢文翁
作曲:WASABI
音楽監督:吉田良一郎(吉田兄弟)
製作:東宝

【ストーリー】
京の都には、あの服部半蔵の子孫がいるらしい

仏生寺弥助がそんな噂を聞いたのは、素行不良で道場も破門となり
酒と博打でどん底の人生を歩んでいる時だった。
「天下一の剣豪になりたい」そう願った仏生寺弥助は、
早速12代目 服部半蔵に弟子入りを申し込む。
驚いたのは服部半蔵である。
服部半蔵・・・それは代々世襲される名前であり
一般的に知られる服部半蔵は二代目である。
この物語の主人公は「昼行灯」とバカにされる
12代目の服部半蔵’正義’なのである。
忍術など使えぬぞ・・・・
ご先祖様とは違う・・・・
それは、この服部半蔵の名を背負ってきた二代目以降の全員が
口にしてきた言葉である。
しかし、あまりに大きすぎる先祖の名前
無能、お荷物と謗られ続けながら耐え「忍び」、
阿呆を演じてきた先祖たちの苦悩を一身に背負い
仏生寺弥助との出会いから、人生が変わり始める。

幕末動乱の最中、服部家が隠し続けてきた最後の忍術が始まる。

ご注意

続きを読む

※新型コロナウイルス感染症にかかわる諸般の事情により掲載内容は大幅に変更となる場合がございます。

【ご来場のお客様へご協力のお願い】
本公演は新型コロナウイルス感染症の対応として感染予防ガイドラインに沿い公演を開催いたします。
ご購入・ご来場前に公式サイトや下記も必ずご覧ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みとご来場のお客様へのご協力のお願い

※本公演のチケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込みについて

※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※ここまでの内容に同意した方のみお申し込みが可能です。

※営利目的のチケット転売を禁じています。インターネットオークション等で購入されたチケットでのご入場はお断りさせていただく可能性がございます。また、トラブルについての責任も負いかねますのでご注意ください。違反行為が発覚した場合、退会など厳正なる処分をさせていただく場合もございます。

<公演コード>

公演コード:302261