チケットセディナ

演劇・ミュージカル(東日本)

  • 受付終了

[東京]
新国立劇場 開場25周年記念公演
『レオポルトシュタット』Leopoldstadt

公演情報
★受付終了いたしました。
日時

10/18(火)・22(土)・26(水)13:00、20(木)・30(日)18:30

会場

新国立劇場 中劇場

出演

浜中文一 音月 桂 村川絵梨 土屋佑壱 岡本 玲 浅野令子
木村 了 那須佐代子 他

席種・料金

S席 8,800円 → 8,100円

備考

※未就学児入場不可。お子様もお一人様1枚チケットをお求めください。

関連リンク

⇒音月桂さんインタビュー

続きを読む

★シアタートーク「レオポルトシュタット」開催!
・10/18(火)13:00公演終了後
 出演:音月 桂、村川絵梨、太田緑ロランス、瀬戸カトリーヌ
・10/26(水)13:00公演終了後
 出演:木村 了、土屋佑壱、田中 亨、野口卓磨
司会:中井美穂
参加方法:対象公演をご鑑賞の方のみご参加いただけます。ご自席でご覧ください。

公演詳細

続きを読む

作:トム・ストッパード
翻訳:広田敦郎
演出:小川絵梨子

あるユダヤ人一族の物語―――。
四世代を編む一大叙事詩がここに。

英国の劇作家トム・ストッパードの最新作『レオポルトシュタット』を日本初演いたします。『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『コースト・オブ・ユートピア』『アルカディア』など、日本でもこれまで多くの作品が上演されているストッパードが「最後の作品になるかもしれない」としたことから、その上演前より大きな話題を呼び、2020年1月にロンドンで世界初演を迎えると瞬く間に絶賛されました。20年のオリヴィエ賞作品賞を受賞し、ブロードウェイをはじめ英国国外での上演も既に決定している本作で描かれているのは、あるユダヤ人一族の物語。戦争、革命、貧困、ナチスの支配、そしてホロコーストに直面した20世紀前半の激動のオーストリアに生きた一族の一大叙事詩は、50代で初めて自らのユダヤ人としてのルーツを知ったというストッパードの自伝的要素も含まれているといわれています。
翻訳に超大作『コースト・オブ・ユートピア』を手掛けた広田敦郎を迎え、『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『かもめ』『ほんとうのハウンド警部』などこれまで数々のストッパード作品に演出者・翻訳者として携わってきた演劇芸術監督の小川絵梨子が演出を手掛けます。この大作をおよそ30名のキャストと共にお届けします。

ご注意

続きを読む

※公演中止、および新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインによる対象者を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
※新型コロナウイルス感染症の影響またはやむを得ない事情により、公演内容やスタッフ・キャストに変更が生じる場合があります。
※通常の座席配置での販売を予定しております。
※政府及び東京都の判断により、イベント収容率の制限に変更が生じた場合は、途中でチケットの販売を停止する場合がございます。

【ご来場のお客様へご協力のお願い】
本公演は新型コロナウイルス感染症の対応として感染予防ガイドラインに沿い公演を開催いたします。
公演が近くなりましたら、公式サイトにて詳細をご確認の上、ご来場ください。
※本公演のチケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込みについて

※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※ここまでの内容に同意した方のみお申し込みが可能です。

※営利目的のチケット転売を禁じています。インターネットオークション等で購入されたチケットでのご入場はお断りさせていただく可能性がございます。また、トラブルについての責任も負いかねますのでご注意ください。違反行為が発覚した場合、退会など厳正なる処分をさせていただく場合もございます。

<公演コード>

公演コード:203708