チケットセディナ

スペシャルチケット

  • 受付終了
  • スペシャルプラン

[東京]
『血の婚礼』

公演情報
★受付終了いたしました。

日時

9/15(木)・30(金)18:30、
9/17(土)・24(土)・10/1(土)12:30/17:30、
9/18(日)・19(月・祝)・23(金・祝)・25(日)12:30、
9/21(水)13:30/18:30、
9/27(火)・28(水)・29(木)13:30

会場

Bunkamura シアターコクーン

出演

木村達成 須賀健太 早見あかり
南沢奈央 吉見一豊 内田淳子 大西多摩恵 出口稚子 皆藤空良
安蘭けい

演奏:古川麦 HAMA 巌裕美子

席種・料金

☆スペシャルプラン!ご来場者様にオリジナルグッズをプレゼント!
☆手数料無料!チケットは当日会場引換!

S席 9,800円 → (平日)7,250円 (土日祝)8,300円

備考

※未就学児入場不可。
※本企画は既にご購入のお客様よりも後方のお席となります。

関連リンク

⇒木村達成さん・須賀健太さんインタビュー
⇒舞台『血の婚礼』取材会動画&あらすじ漫画公開!

続きを読む

▼チケットセディナ会員様に、木村達成さん・須賀健太さんよりメッセージをいただきました!

★〈対象公演来場特典〉シークレットムービー プレゼント!
対象日程の公演に来場すると、シークレットムービーをプレゼント !
稽古や舞台裏などここでしか見られないキャストの貴重な様子などをお届け予定です。
<対象日程>
9/15(木)18:30公演
9/21(水)13:30/18:30公演
※視聴方法は当日劇場にて、“スペシャルカード” を配布しお知らせします。
※期間限定で視聴可能な映像となります。
※プレゼントのムービーは全日程同じ内容です。

★アフタートーク開催決定!
以下の各公演終演後にアフタートークイベントを開催いたします。
登壇者は下記の通りです。
9/27(火)13:30公演:木村達成/須賀健太/早見あかり
※対象公演回のチケットをお持ちの皆様ご参加いただけます。
※登壇者は急遽変更になる場合もございます。

公演詳細

続きを読む

原作:フェデリコ・ガルシーア・ロルカ
翻訳:田尻陽一
演出:杉原邦生 
音楽:角銅真実、古川麦

スペインを舞台にした愛の悲劇『血の婚礼』
2022年9・10月シアターコクーンにて上演決定!

スペインの伝説的劇作家、フェデリコ・ガルシーア・ロルカによる官能的な名作悲劇。
一人の女をめぐり、男二人が命を懸けて闘う、むき出しの愛の物語。
本作は、実際に起きた事件を元に1932年に執筆され、翌年にロルカ自身の演出によりスペインで初演、同年にアルゼンチンでも上演された、ロルカの3大悲劇の1作。
舞台はスペインのアンダルシア地方。婚約した一組の若い男女が互いの家族の期待を背負いながら結婚式を迎えようとする姿、そしてそこに現れた花嫁の昔の恋人がすべてを変えてしまう抑えきれない愛を描く。数奇な血の宿命、言葉では説明のつかない愛と衝動、地の因習に縛られた男たちの闘い女たちの戦い・・・絡み合う事象が、ドラマを生んでいく。今の時代に圧倒的に足りない、“生身の人間のむき出しの熱情”を舞台上から浴びることができる、情熱的な演劇作品だ。

抒情的な韻文と、音楽との融合。杉原邦生の演出により、新たな「血の婚礼」が生まれる。
本作の演出は、国内外の戯曲だけでなく歌舞伎の演出も手掛けるなど、演劇界から熱い注目を浴びる気鋭の演出家、杉原邦生。
また今回の上演のために、スペイン演劇の翻訳を多数手がけてきた田尻陽一氏が新たに翻訳し2022年版の上演台本を完成させる。スペイン最高の詩人とも謳われたロルカがこの戯曲の随所に組み込んだ韻文、詩的な言葉をどのように表現するかも見どころの一つ。杉原はここに音楽を融合させた表現も取り込んでいく。
杉原の感度の高い美意識と大胆な演出、そして繊細な人物解釈により創りあげられる、新たな「血の婚礼」に、期待いただきたい。

様々なジャンルで活躍をみせる、実力派俳優が集結!
出演キャストにも、確かな実力を持つ俳優陣が顔を揃えた。
一人の女性を奪い合うレオナルドと花婿を演じるのは、ミュージカルは勿論のこと近年ではストレートプレイや映像でも存在感を放つ木村達成と、幅広い作品で活躍する実力派となった須賀健太。それぞれ今までにない情熱的な男に挑戦する。かつては『ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!!』で共演しバディとして抜群のコンビネーションをみせた2人だが、本作では命を懸けて争う、ライバル同士を演じることとなる。
レオナルドと花婿の間で揺れ動く花嫁役には、早見あかり。ももいろクローバーを脱退後は本格派女優に転身、NHKの朝ドラなどで注目を浴び、その後もバラエティ、映画やドラマなど広く活躍している。
そして、息子を溺愛する“花婿の母親”を演じるのは、安蘭けい。これまでもこの世を超越した役柄から優しい母親役まで広く演じ評価されてきたカメレオン女優が、今回はどのように、”夫と息子を殺され狂気に満ちた”母親役を演じるのか、こちらも見逃せない。更に、確かな実力をもつ俳優ら、南沢奈央、吉見一豊、内田淳子、大西多摩恵の4名が集まり、作品への期待が高まる。

また、音楽を奏でるプレイヤーには、古川麦とHAMA、巌裕美子。本作では音楽を融合させた表現も取り込まれるが、音楽は生で演奏されることも明らかとなった。

▼舞台『血の婚礼』PV 官能編

▼舞台『血の婚礼』PV 激情編

ご注意

続きを読む

チケットに関するご注意
チケットは公演当日、開演の1時間前より、「当日引換窓口」でのお渡しとなります。
※お申し込み時に受付番号をお伝えしますので、「当日引換窓口」でお名前と受付番号をお伝えいただきチケットとオリジナルグッズをお受け取りください。
※チケットの受取方法、および受付番号はお申し込み後の返信メールにてご案内いたします。
※ご決済後、当日ご来場されなくてもご返金できませんのであらかじめご了承ください。

※公演中止の場合を除き、払い戻し、他公演へのお振替はいたしかねます。ご了承の上、お申込みください。
※やむを得えない事情により、出演者並びにスケジュールが変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【ご来場のお客様へご協力のお願い】
本公演は新型コロナウイルス感染症の対応として感染予防ガイドラインに沿い公演を開催いたします。
公演が近くなりましたら、公式サイトにて詳細をご確認の上、ご来場ください。
※本公演のチケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込みについて

※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※ここまでの内容に同意した方のみお申し込みが可能です。

※営利目的のチケット転売を禁じています。インターネットオークション等で購入されたチケットでのご入場はお断りさせていただく可能性がございます。また、トラブルについての責任も負いかねますのでご注意ください。違反行為が発覚した場合、退会など厳正なる処分をさせていただく場合もございます。

<公演コード>

公演コード:203705