チケットセディナ

演劇・ミュージカル(東日本)

  • 受付終了

[神奈川]
KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
ミュージカル『夜の女たち』

公演情報
★受付終了いたしました。
日時

9/4(日)13:00、10(土)18:00、14(水)14:00、15(木)18:30

会場

KAAT神奈川芸術劇場<ホール>

出演

江口のりこ 前田敦子/
伊原六花 前田旺志郎 北村岳子 福田転球/
大東駿介 北村有起哉 他

席種・料金

S席 10,000円 → 会員価格はチケットセディナ.netにログイン後、ご確認ください!

備考

※未就学児入場不可。

公演詳細

続きを読む

原作:久板栄二郎
映画脚本:依田義賢
上演台本・演出:長塚圭史
音楽:荻野清子

溝口健二監督 映画「夜の女たち」を舞台化、長塚圭史が創る初めてのオリジナルミュージカル。
忘れてはならない時代、占領下を生き抜いた日本人たちの物語。

2022年度メインシーズン「忘」の幕開けは、溝口健二監督映画「夜の女たち」の初の舞台化作品です。
猛スピードで進む現在に立ち、日々大切なことをどんどん忘れていく私たちですが、忘れてはならないことを見つめ、これまで日本人が歩んで来た歴史を見つめることで、生きている今を考える。
長塚は、芸術監督二年目のシーズンタイトルを「忘」にしたことについて、「忘れてはならないことに思いをはせる、自分たちの国の歴史を見つめ、自分たちの歩みを知り、私たちは今、歴史のどこに立っているかを認識することができる」と言います。
1948年、戦後すぐに公開された「夜の女たち」は、戦後間もない大阪釜ヶ崎を舞台に、生活苦から夜の闇に堕ちていった女性たちが、必死に生き抜こうとした姿を描いた作品です。敗戦により価値観全てがひっくり返り、何が間違っていて何が正しいのかを見失ってしまった迷える人々。怒涛のように流れ込んできた自由の象徴であるアメリカ音楽と、心の奥底にだらりと横たわる勝利を確信したはずの軍歌・・・。思想を、家族を、生きていく術を、全てを失った日本人。
映画の脚本を元に、長塚が上演台本、作詞を手掛け、音楽の力で、ミュージカルとして描くことで、混沌とした時代を生きていかなければならなかった日本人のエネルギー、生命力を描きます。
私たちが忘れ去ろうとしている時代を生きた3人の女性の壮絶な人生。忘れてはならない時代に改めて向き合うことで、私たちは何を思うでしょうか。

ご注意

続きを読む

※車椅子でご来場の方は事前にチケットかながわ 0570-015-415(受付時間:10:00~18:00) にお問い合わせください。
※9/4(日)・14(水)公演は託児サービスあり。公演一週間前までに要予約・有料 (マザーズ:0120-788-222)

【ご来場のお客様へご協力のお願い】
KAAT神奈川芸術劇場では新型コロナウイルス感染拡大予防対策を徹底し主催公演を実施します。
ご来場前に必ず、劇場HPの
「ご来場のお客様へのお願い」をご確認ください。
※本公演のチケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込みについて

※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※ここまでの内容に同意した方のみお申し込みが可能です。

※営利目的のチケット転売を禁じています。インターネットオークション等で購入されたチケットでのご入場はお断りさせていただく可能性がございます。また、トラブルについての責任も負いかねますのでご注意ください。違反行為が発覚した場合、退会など厳正なる処分をさせていただく場合もございます。

<公演コード>

公演コード:203673