チケットセディナ

ダンス・バレエ・クラシック・オペラ(東日本)

  • 発売中

[東京]
「雨に唄えば」シネマオーケストラ

©Emily Zoladz Copyright 2008 The Grand Rapids Press. All rights reserved.

日時

2022年3/21(月・祝)14:30

会場

東京国際フォーラム ホールA

出演

指揮:佐々木新平
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

席種・料金

S席 9,800円 → 8,300円

備考

※1申し込み5枚まで。
※5歳未満入場不可。チケットはお一人様1枚必要となります。

公演詳細

続きを読む

映画公開70周年記念!『雨に唄えば』シネマオーケストラコンサートが2022年3月、東京で開催決定!

1952年公開のミュージカル映画の金字塔『雨に唄えば』。
アメリカ映画協会による、500人以上の映画監督、作曲家らの投票で選ぶミュージカル映画のベストワンに輝いた、映画がトーキーに移る舞台を描く舞台裏コメディ。
ジーン・ケリーが雨の中をタップダンスで踊る場面は映画史に残る有名な1シーンです。
そんな歴史的映画『雨に唄えば』の映画全編を大スクリーンで上映し、舞台上のフルオーケストラが音楽部分を映画に合わせて生演奏するというシネマオーケストラ(通称:シネオケ®)が2022年3/21(月・祝)東京国際フォーラム・ホールA(東京・有楽町)にて開催されます。

公開から70年を迎えてもなお愛される名作映画を、約80名のフルオーケストラで生演奏する贅沢な映画体験。名画が再び甦る感動のひとときを!

【上映作品】
『雨に唄えば』

監督:ジーン・ケリー スタンリー・ドーネン
製作:アーサー・フリード
脚本:アドルフ・グリーン ベティ・コムデン
撮影:ハロルド・ロッソン
作詞:アーサー・フリード
作曲:ナシオ・ハーブ・ブラウン
音楽:レニー・ヘイトン
出演:ジーン・ケリー/デビー・レイノルズ/ドナルド・オコナー 他
公開:1952年アメリカ公開、1953年日本公開

ご注意

続きを読む

※英語上映・日本語字幕あり
※上演時間:約2時間10分予定(休憩1回あり)
※車イス席をご利用ご希望のお客様はS席をご購入いただき、キョードー東京(0570-550-799<平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00>)までお電話にてご連絡ください。
※チケットを紛失された方、または当日チケットをお忘れになった方はどのような場合でもご入場できません。
※公演中止の場合を除き、お客様の体調不良および新型コロナウイルス感染によるチケットの払い戻しはいたしません。チケットご購入の際には、ご自身の体調や環境をふまえご判断くださいますようお願いいたします。

【ご来場のお客様へご協力のお願い】
本公演は新型コロナウイルス感染症の対応として感染予防ガイドラインに沿い公演を開催いたします。
当日の感染予防対策におきましては、公式サイトをご参照ください。

※本公演のチケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込みについて

※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※ここまでの内容に同意した方のみお申し込みが可能です。

※営利目的のチケット転売を禁じています。インターネットオークション等で購入されたチケットでのご入場はお断りさせていただく可能性がございます。また、トラブルについての責任も負いかねますのでご注意ください。違反行為が発覚した場合、退会など厳正なる処分をさせていただく場合もございます。

<公演コード>

公演コード:402853