チケットセディナ

スペシャルチケット

  • 発売中
  • スペシャルプライス

[東京]
毒薬と老嬢

日時

2022年3/16(水)・17(木)・18(金)・19(土)・20(日)11:30/16:00

会場

新橋演舞場

出演

久本雅美、藤原紀香
渋谷天笑、納谷健(劇団Patch)、惣田紗莉渚、室たつき
笠原章、嘉島典俊、丹羽貞仁
川端槇二、鈴木翔音(Studio Life)、我善導、清水ひとみ、甲坂真一郎

席種・料金

☆スペシャルプライス!

1等席 12,000円 → 9,600円

備考

※未就学児入場不可。

公演詳細

続きを読む

作:ジョセフ・ケッセルリング
訳:黒田絵美子
演出:錦織一清

久本雅美×藤原紀香 W主演で待望の初タッグ!!まさかの老婆役!?
2020年上演予定の舞台が来春、2年越しに上演決定!!

『毒薬と老嬢』は、アビーとマーサの老姉妹が繰り広げる衝撃のストーリーと2人に振り回される登場人物たちをコミカルに描き、1941年にブロードウェイで初演されるや大ヒットし、3年半のロングランで1,441回の上演を記録。翌年からはウエストエンドで3年3か月のロングランで1,337回の上演を達成した傑作です。安楽死や高齢化社会への風刺も含んだ本作のテーマは、現代でも色褪せず、世界各地で上演が重ねられています。

そして2022年3月・4月、久本雅美と藤原紀香が初タッグを組み、新橋演舞場、大阪松竹座、そして全国にて上演いたします!
今回は台詞を関西弁にしての上演となり、関西出身のふたりによる丁々発止のやりとりは必見!
また藤原紀香は老婆役に初挑戦となります。
舞台初共演となるふたりがどんな化学反応を起こすのか・・・?
ブラック・コメディの最高傑作!『毒薬と老嬢』にどうぞご期待ください!

ご注意

続きを読む

【ご来場のお客様へご協力のお願い】
本公演は新型コロナウイルス感染症の対応として感染予防ガイドラインに沿い公演を開催いたします。
公演が近くなりましたら、公式サイトにて詳細をご確認の上、ご来場ください。
※本公演のチケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込みについて

※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※ここまでの内容に同意した方のみお申し込みが可能です。

※営利目的のチケット転売を禁じています。インターネットオークション等で購入されたチケットでのご入場はお断りさせていただく可能性がございます。また、トラブルについての責任も負いかねますのでご注意ください。違反行為が発覚した場合、退会など厳正なる処分をさせていただく場合もございます。

<公演コード>

公演コード:203484